インターネット回線の料金比較から契約まで

回線スピードと料金プラン

インターネットに接続する回線サービスは一般的に「速いほど高い」ようになっています。
ここでは、回線速度別の料金の相場をみてみます。

keyword : インターネット回線 スピード 料金比較



回線速度・回線種類(方式)ごとの料金を表にしてみました。
「速いほど高い」原則は変わりませんが、回線種類によって月額料金が大きく変動することがおわかりいただけるかと思います。

下り最大速度 回線方式 月額料金 その他
1M〜1.5M ADSL \3,000〜\3,500程度 NTTの「フレッツADSL」の最安値プラン
75M 4G/LTE(ケータイ) \6,000程度 NTTドコモ(Xi)、au、ソフトバンクが提供
7.2M 3G(ケータイ) \3,000〜\6,000程度 DTI、イーモバイルなどが提供
8M〜50M ADSL \2,000〜\5,000程度 イーアクセス、Yahoo、NTTなどが提供
40M WiMAX \3,500〜\4,500程度 UQ WiMAXが提供
1M〜160M ケーブル \3,000〜\6,500程度 ケーブルTVとセットのことが多い
100M〜200M \2,000〜\6,500程度 マンションなどでは安いが、戸建ては高い
1G \3,000〜\8,000程度 auひかりや、西日本の一部でのみ利用可能

ADSLは各社の価格競争が激しいですが、それ以外の方式では、会社による価格差はそれほど大きくないようです。
また、ADSLは回線プランの選択以上に「住所と電話局との距離」が重要で、月額料金の高い高速プランの恩恵を得られる場合はあまり多くありません。

ケーブルTVは集合住宅などの場合、すでにインターネット回線が用意されている場合もあり、初期工事費が無料だったり、ケーブルTVの契約と含めた割引などのメリットがあったりします。

また、3GやWiMAXは工事が要らないため、内蔵やキャンペーン等で接続機器がすでにある場合は、電話回線が必要ない、契約してすぐ使える、工事費用がかからない、などの他にはない利点もあります。
(2012年11月追記)最近になって、ケータイ各社がLTEと呼ばれる高速回線サービスを始めました。LTE、4G、Xiなどと各社で呼称が異なりますが、実際には同じものです。 「テザリング」と呼ばれる方法がサポートされている機種の場合、様々な機器をケータイ経由でインターネット接続が可能です(2012年11月現在はauのみテザリング対応)。4G/LTEが利用できる地域の方は、選択肢の一つとなると思われます。

光プランの価格は幅が広いですが、この価格差はおもにマンション・戸建ての差で、これも住んでいる場所によって価格が決まってしまうことがほとんどです。
また、光回線はプロバイダ料金が他方式とくらべて高い場合も多く、よりシビアにコストパフォーマンスを見る必要があるでしょう。
とはいえ、インターネット回線契約は長期に渡ることが多いため、価格やその他の条件を含め、満足できるサービスを選ぶことが重要です。


回線の速さと質へ戻る>>




インターネット回線サービス比較

関連リンク

タグ一覧

料金 契約 比較 回線 くちこみ クチコミ IP電話 インターネット スピード プラン サービス 総額
Yahoo!ブックマークに登録