インターネット回線の料金比較から契約まで

インターネット回線速度は住所で決まる!?

日本ではまだすべての回線サービスが全国規模というわけではないようです。
ここでは、住所によって契約できる回線の種類・速度などの選択が狭まる例を検討します。
特に地方在住の方は検討してください。

keyword : インターネット回線 スピード 住所 回線速度 地方


最近(2011年6月現在)、うちの実家ではNTTの「フレッツ光」を導入しました。
これまでは、光サービス自体がなく、ADSLでもギリギリの速度しか出ませんでした。
このような地域は各地にたくさんあり、「自分の住んでいる地域は、どのサービスが使えるか」を確認するのは非常に重要です。


回線方式 最大速度 速度低下理由
100M〜1G(1000M) NTTの「フレッツ光」サービスが全国で急速に整備を進めていますが、都市部以外ではまだまだのようです。KDDIの「auひかり」もまだ全国24都道県に留まっています
ADSL 1M〜50M 対象地域はNTTの「フレッツADSL」がもっとも広く、多くの地域で使えますが、基地局から遠く離れている場合、ヤフー!BBの「リーチDSL」サービスを利用することで使えることもあるようです
ISDN 64K(0.064M) 基本的に全国で使えます
ケーブル 1M〜40M位 使える地域は非常に限られますが、光やADSLが使えない地域でサービスされている場合もあります
モバイル 7.2M〜40M 都市部では(地下を除き)概ね使えますが、人里離れた場所などは接続できないことも多いようです。自宅が高層建築の陰などで電波が届かない場合も考えられますので、注意が必要です

このサイトでは、以下のような順番で回線を選ぶことをオススメしたいと思います。

1.モバイルインターネット利用が主で、自宅でも使えるならモバイルのみに加入

2.マンション・アパートで光回線が安く使えるなら、そこに加入

3.auひかり等、フレッツより安価な光回線の対象地域なら、そこに加入

4.NTTの基地局に近ければ(1km以内)、24M以上のADSL高速回線に加入

5.NTTの基地局から遠く、フレッツ光のサービス対象地域なら、そこに加入

6.プロバイダの提供する安価なADSL回線に加入

7.ケーブルTVのインターネット接続サービスに加入

8.上記どれかのサービスが提供されるのを待つ


「自宅ではどのサービスが使えるか」の確認方法
NTT フレッツ光>>
KDDI auひかり>>
NTT フレッツADSL>>
イーアクセス ADSL>> Yahoo!BB ADSL>>
NTT フレッツISDN>>


回線の速さと質へ戻る>>




インターネット回線サービス比較

関連リンク

タグ一覧

契約 比較 サービス 評判 総額 IP電話 口コミ スピード 価格 インターネット 回線 クチコミ
Yahoo!ブックマークに登録